1月, 2012年

純緑農業ニュース!!

2012-01-19

近年国内の生薬の需要の増加により生薬の価格が上昇してきているのが現状です。特に甘草に関しては著しく高騰しています。これからは、国内での甘草の安定供給のためにも大量の苗の供給が不可欠です。我が社は、2011年11月に長年の研究の末、苗の量産化の栽培に成功し大量の苗の供給が可能となり、12月よりホームページにて売り出すことになりました。これからもより大量の苗を供給できるように研究開発に取り組んでいるところです。

甘草ニュース2!!

2012-01-17

甘草の価格がここ5年間で約6割増しになっております。
それにより一般のかぜ薬などの値段も上がる可能性があると予測される記事がありました。

甘草は、薬用以外にも食品や甘味料その他いろいろな用途でも使われています。

一般的な栽培方法は、下記が主流と言われております。

・寒暖の差があるところ

・乾燥地を好む

・柔らかい土の方が良い

苗を購入する場合は春先に植え付けるのが最適です。

苗の写真がホームページにあります。

苗の写真までに約25日位育成にかかります。

購入される方は、よくお考えの上、購入して下さい。

甘草 フォトギャラリー

2012-01-14

     

      

  

定期的に写真をupしていきます。御覧ください。

 

 

甘草ニュース!!

2012-01-10

甘草は第2の「レアアース」と言われるほど国内需要が緊迫しています。

 

原因は、国内需要の大半を中国からの輸入に頼っていましたが、中国が環境破壊問題のため輸出制限をし、需要と供給のバランスが崩れました。そのため国内での栽培が早急に急がれるなか、我が社は、研究開発をして大量の苗の栽培に成功しました。

旺盛な需要に対して、輸出制限により甘草の相場は高騰気味になっています。

甘草は将来性の高い有望な商品作物であります。

近の動きでは、厳しい自然環境ほどよく育ち、成分もでることから作付けができなくなった農地で甘草栽培が進んでおり、

企業以外に、多くの市町村が甘草市場に参入しています。

将来的に、甘草栽培は、地域産業にとって大きな役割を果たすという声もあげられています。