甘草ニュース!!

2012-01-10

甘草は第2の「レアアース」と言われるほど国内需要が緊迫しています。

 

原因は、国内需要の大半を中国からの輸入に頼っていましたが、中国が環境破壊問題のため輸出制限をし、需要と供給のバランスが崩れました。そのため国内での栽培が早急に急がれるなか、我が社は、研究開発をして大量の苗の栽培に成功しました。

旺盛な需要に対して、輸出制限により甘草の相場は高騰気味になっています。

甘草は将来性の高い有望な商品作物であります。

近の動きでは、厳しい自然環境ほどよく育ち、成分もでることから作付けができなくなった農地で甘草栽培が進んでおり、

企業以外に、多くの市町村が甘草市場に参入しています。

将来的に、甘草栽培は、地域産業にとって大きな役割を果たすという声もあげられています。